信頼できる業者を選ぶのが重要

新しい家、良いですよね。 でも住む前には引越しをしなければならないのです。 家具・家電付きのウィークリーマンションやマンスリーマンションもありますが、自分の趣味に合うものが置いてあるとは限りません。 自分らしく生活したいなら、まずその前に「引越し」なのです。

○引越し準備をするにあたり、「あとでいいや」は危険です。 前夜、当日、ゆとりををもって過ごしたいのであれば、旅行セットを用意しておくと良いでしょう。1泊ないし2泊旅行の準備がしてあれば、全てのものを引越し前に梱包しておけます。 私のように「当日使うから」と、しまわずにいると、時間的には間に合っても心が落着きません。

また、当日の朝、引越し屋さんの作業と並行して残りの箱詰めをすればいいや、なんて思ったらあとで泣きます。業者さんはプロなので、とにかく仕事が早いです。 搬出にかかる時間なんてごくわずかですから、見られたくないもの等は早めに段ボール詰めしてしまうことをお勧めします。

○狭くても、準備には時間がかかります。 部屋が狭いから、引越し準備なんてすぐに終わるよ、なんて考えていませんか? そんなことはないのです。普段無造作に置いてあるものを箱に詰めるには頭と時間を使います。そして意外と多くの箱を使います。

例えば電気スタンド。自分で持ち運ぶのは簡単ですが、これを箱に詰めるとなったらどうでしょう?まず電球や蛍光灯が割れないように保護する必要があります。 そして電気スタンドサイズの段ボールはもらえませんから、何か他のものと一緒に梱包する必要があります。

何と?衣類?タオル?また、同梱するものに埃がつかないように拭き取っておかなければなりません。ほら、電気スタンド1つだけでもこれだけ頭と時間を使います。 こんな作業を繰り返し、箱に入れていくのです。

○分からないことは業者に聞きましょう。 10回引越しをしても、分からないことがたくさんあります。もしかしたら、不要な苦労をしているかもしれません。 業者は引越しのプロ。餅は餅屋といいますが、業者は素人が思いもよらないような技や知識、そして力を持っています。 無駄な苦労をしなくて済むように、分からないことがあったら恥ずかしがらずに聞きましょう。中には「タンスの中身もそのままで結構です」なんていう所もあるかもしれませんよ。

最後に、業者を選ぶ際にはアフターサービスまで確認しておくといいですよ。 使用済みの段ボールや梱包材はかなりの量になりますから、保管するだけでも場所を取ります。引き取ってもらえるかどうか、ぜひ確認してください。

Copyright © 2016 一軒家への近距離引越しの様子を再現 All Rights Reserved·